Stake Casino - プレイヤーのアカウントがブロックされました。

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

研究者データベース 研究者詳細 ホーム English このページはJavascriptを使用しています。すべての機能を使用するためにはJavascript を有効にする必要があります。   基本情報   基本情報   学位   研究分野   研究活動   論文   書籍等出版物   講演・口頭発表等   科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績   受託研究受入実績 2024/04/12 更新 永延 清和 (ナガノブ キヨカズ) NAGANOBU Kiyokazu 所属 農学部 附属動物病院 職名 教授 外部リンク このページの先頭へ▲ 学位 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 学位 【 表示 / 非表示 】 獣医学 ( 1994年3月   山口大学 ) このページの先頭へ▲ 研究分野 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 研究分野 【 表示 / 非表示 】 ライフサイエンス / 獣医学 このページの先頭へ▲   論文 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 論文 【 表示 / 非表示 】 Laparoscopic treatment of congenital portosystemic shunts with portal pressure measurement and portal angiography in 36 dogs 査読あり Shigemoto J., Kaneko Y., Kawazu M., Naganobu K., Torisu S. Frontiers in Veterinary Science   11   2024年2月  詳細を見る 掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Veterinary Science   Introduction: Laparoscopic surgery is used for canine congenital extrahepatic portosystemic shunts (CEHPSS). However, outcomes of laparoscopic surgery involving simultaneous portal vein angiography and portal pressure measurement to attenuate or completely occlude the shunt vessel in canines remain unclear. This study aimed to evaluate outcomes and complications of laparoscopic portosystemic shunt occlusion (LAPSSO) for CEHPSS. Methods: Between June 2014 and March 2021, data on dogs undergoing cellophane banding (CB) and complete occlusion of laparoscopically treated congenital extrahepatic port shunts were collected from hospital records. Cases in which complete occlusion was laparoscopically performed, or a CB was used for gradual occlusion were included. A total of 36 dogs (14 males; median age 32.5 months [range, 5–99] with median body weight, 4.2 kg [range, 1.5–7.9]) that underwent LAPSSO for CEHPSS were included. All the dogs underwent computed tomographic angiography (CTA), and data on blood and radiological examinations were collected. Shunt vessel morphology was categorized using CTA findings. Portal pressure measurements and portal angiography were performed by accessing mesenteric and splenic veins in 30 and 6 cases, respectively. Results: The most common shunt types were spleno-phrenic shunts 16/36 (44.4%), followed by spleno-azygos 9/36 (25.0%), spleno-caval 4/36 (11.1%), right gastric-caval 6/36 (16.6%), and right gastric-caval with caudal loop shunts 1/36 (2.7%). The median portal pressure after complete occlusion was 11.5 mmHg (range, 4–16); portal pressures in the two dogs undergoing CB attenuation were 22 and 24 mmHg. The median operating time in the dogs with right (n = 25) and left (n = 11) recumbent positioning was 55 min (range, 28–120) and 54 min (range, 28–88), respectively. One dog had pneumothorax due to injury to the diaphragm. Another dog developed postoperative hypernatremia and succumbed 5 h post-procedure. Nevertheless, no other dogs exhibited signs of portal hypertension within 72 h. Blood tests and abdominal ultrasounds performed 1–2 months postoperatively revealed no residual shunts. Discussion: LAPSSO, coupled with portal pressure measurement and portal angiography, was shown as safe and effective approach that facilitated successful occlusion of CEHPSS. Further large-scale prospective studies and analyses of perioperative complications are needed. DOI: 10.3389/fvets.2024.1291006 Scopus Dural Changes Induced by an Ultrasonic Bone Curette in an Excised Porcine Spinal Cord. Ota R, Iwaki E, Sakai K, Haraguchi T, Kaneko Y, Sekiguchi S, Yamaguchi R, Naganobu K. Vet Sci.   2022年10月  詳細を見る 掲載種別:研究論文(学術雑誌)   Identification of domestic cat hepadnavirus from a cat blood sample in Japan 査読あり Kazuki Takahashi 1 , Yasuyuki Kaneko 2 , Akiko Shibanai 3 , Shushi Yamamoto 2 , Ayana Katagiri 3 , Tatsuyuki Osuga 4 , Yoshiyuki Inoue 5 , Kohei Kuroda 5 , Mika Tanabe 6 , Tamaki Okabayashi 1 7 , Kiyokazu Naganobu 2 , Isao Minobe 8 , Akatsuki Saito 1 7 J Vet Med Sci .   2022年5月  詳細を見る 掲載種別:研究論文(学術雑誌)   DOI: 10.1292/jvms.22-0010 A new needle biopsy approach for dolphins with lesions in the pterygoid sinus 査読あり KeikoYamamoto, ..., KiyokazuNaganobu, ... Emerging Animal Species   2022年4月  詳細を見る 掲載種別:研究論文(学術雑誌)   Pancreatic enzyme activity in the bile of healthy cats and its association with biliary morphology 査読あり Fujimoto S., Torisu S., Kaneko Y., Mizutani S., Yamamoto S., Naganobu K., Nakamura K. Journal of Veterinary Internal Medicine   35 ( 4 )   1780 - 1788   2021年7月  詳細を見る 記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Internal Medicine   Background: In human medicine, congenital maljunction of the common bile duct (CBD) and main pancreatic duct (MPD), or pancreatobiliary maljunction (PBM), is a known cause of cholecystitis. Objective: Pancreatic enzyme activity in the bile (a diagnostic marker for PBM) of healthy cats was measured to determine normal values and evaluate its relationship with biliary morphology. Animals: Fifty-two healthy cats. Methods: Cross-sectional study of the biliary tracts of healthy cats during laparoscopic ovariohysterectomy and measurement of pancreatic enzyme activity in bile. The cats were divided into groups A and B based on the ratio of the diameter of the cystic duct (CD) to the CBD. The normal ratio was 3.4. Pancreatic enzyme activity in bile was compared between the groups. Results: The CBDs were straight in all cases, whereas the CDs were variably tortuous or dilated. Amylase activity in the bile (median, <100 U/L; range, <100-591 U/L) was lower than in serum in all cases, and group B, which had a CD/CBD ratio >3.4, had significantly higher amylase activity (median, 109 U/L; range, <100-591 U/L) in the bile than did group A (median, <100 U/L; range, <100-238 U/L), which had a CD/CBD ratio <3.4 (P =.0009). Conclusions and Clinical Importance: The results suggest that a dilated CD is associated with reflux of pancreatic juice. In the future, it will be necessary to examine the clinical usefulness of these findings by measuring pancreatic enzyme activity in the bile of cats with cholangitis. DOI: 10.1111/jvim.16196 Scopus 全件表示 >> このページの先頭へ▲ 書籍等出版物 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 書籍等出版物 【 表示 / 非表示 】 犬と猫とエキゾチック動物の臨床麻酔・疼痛管理学 (一社)日本獣医麻酔外科学会 麻酔・疼痛管理委員会( 担当: 共著) 学窓社  2023年9月   詳細を見る 著書種別:学術書 犬と猫とエキゾチック動物の臨床麻酔学 西村 亮平、佐野 忠士、・・・、永延清和、・・・( 担当: 共著) 学窓社  2021年10月   詳細を見る 著書種別:学術書 このページの先頭へ▲ 講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示 】 WHITESTAR(R)ICE使用時の超音波水晶体乳化吸引装置からのヒドロキシルラジカルの発生 永延清和、中島暉 日本酸化ストレス学会学術集会  (横浜市)  日本酸化ストレス学会  詳細を見る 開催年月日: 2010年6月24日 - 2010年6月25日 記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表   開催地:横浜市   血液ガス分析を麻酔管理や日常診療に活かす:宮崎大学農学部附属動物病院の場合 国際会議 永延清和 獣医麻酔外科学会  (福岡市)  獣医麻酔外科学会  詳細を見る 開催年月日: 2011年1月29日 - 2011年1月30日 記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)   開催地:福岡市   臍部疾患の関与が疑われた炎症性眼疾患を発症した黒毛和種子牛 佐藤礼一郎1)、永延清和2)、園田美咲1)、松尾琳子1)、岩崎愛吏1)、熊谷りさ1)、 若松和平3)、永延清和2)、辻田裕規4) 九州地区獣医師大会   詳細を見る 開催年月日: 2023年9月10日 会議種別:口頭発表(一般)   門脈枝結紮による残存肝の代償性肥大後に肝臓中央・左区域を一括切除した犬の肝臓腫瘍2例 山本集士, 鳥巣至道, 金子泰之, 水谷真也, 長谷川雅史, 貝沼大樹, 吉田均, 藤本晋輔, 永延清和 日本獣医麻酔外科学会 2020年度オンライン学術集会  (オンライン)  日本獣医麻酔外科学会  詳細を見る 開催年月日: 2021年1月 記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)   開催地:オンライン   犬の肝臓腫瘍の予後不良症例に関する回顧的検討 金子泰之ら 九州地区獣医師大会  (北九州市)  北九州市獣医師会  詳細を見る 開催年月日: 2016年10月15日 - 2016年10月16日 記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)   開催地:北九州市   全件表示 >> このページの先頭へ▲ 科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示 】 犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の確立 2014年04月 - 2015年03月 科学研究費補助金   詳細を見る 担当区分:研究代表者  犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の研究 犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の確立 2012年04月 科学研究費補助金   詳細を見る 担当区分:研究代表者  犬で臨床応用可能な角膜実質再生法の確立を研究する 犬猫におけるグレリンの病態生理学的役割の解明と臨床応用の可能性 2005年04月 - 2006年03月 科学研究費補助金  このページの先頭へ▲ 受託研究受入実績 【 表示 / 非表示 】 このページの先頭へ▲ 受託研究受入実績 【 表示 / 非表示 】 クロマグロの体内構造把握 2022年12月 - 2023年03月 双日株式会社  一般受託研究   詳細を見る 担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究 このページの先頭へ▲   Copyright © University of Miyazaki. All Rights Reserved

「カジノレオ」というオンラインカジノサイトにログイン ... キャッシュバックオンラインカジノ ベットインベット 優雅堂出金スピード
Copyright ©Stake Casino - プレイヤーのアカウントがブロックされました。 The Paper All rights reserved.